HSP入浴法の力で楽に美肌になれるんです!

お風呂に入っているだけでいいから楽!

赤ちゃんのようにつるつるで水分があって化粧のりのいい肌が理想的ですが、化粧品や運動、サプリメントなど時間も費用もかかってしまいますよね。美容の為なら手間暇惜しまずに行きたいものの、なかなかそうはいかないものです。少しでも楽に実行できる方法があったらやってみたくなりますが、実は毎日入っているお風呂の温度を調節するだけでできてしまう美肌対策があるんです!入浴中に何か運動をする必要もないので、リラックスしてバスタイムを楽しめばいいのも素敵ですね。

HSP入浴法って何?

HSPとはヒートショックプロテインのイニシャルを取ったものです。これはたんぱく質の一種で細胞のダメージケアをしてくれる効果があります。HSPが一番体の中で作られるのは体温が38度になったころで、この時体の中では免疫機能も活発になっています。HSP入浴法はお湯の温度を調節することで意図的に体温を38度にする入浴法というわけなのです。HSPのおかげで体の中のコラーゲンも壊れにくくなりますから、これのおかげでコラーゲンの量をキープできるようになるんですね。

HSP入浴法を行うポイント

HSP入浴法ではお湯の温度は一番低くても40度、高くて42度くらいに設定します。お湯の中に使っている時間ですが、それはお湯の温度で変化しします。一番低い40度の場合なら20分はお湯の中にいないと意味がありませんが、42度なら半分の10分だけですみます。一度上がるごとに5分短縮できると覚えておくと便利です。確実に体温が38度になったか確かめたいならバスルームに体温計を持ち込みましょう。口の中に入れてもいいタイプなら安全に使えますよ。

品川美容外科の判例について詳しく